【レビュー】クロネコヤマトの仕分けのバイトはキツイの?数か月働いて感じたことと経験談【バイト】

生活

こんにちは!ななみです。

クロネコヤマトの仕分けバイトはきついのかどうか、気になる方は多いと思います。

今回は私の経験談をご紹介します。

結論から言えばおすすめのアルバイトです。

仕事はとても簡単

単純作業なのですぐ慣れる

仕事はパレットと呼ばれる箱に、荷物を仕分けるのがメインです。

営業所に持ち込まれた荷物を仕分け、ドライバーが回収してきた荷物を仕分け、パレットを出して仕分けやすいように札を貼っていく。

基本的にこの繰り返しです。

私は夕方に勤務をしていましたが、17時から19時がピークタイムで一番忙しい時間でした。

ですが難しいことはない上に、同じことの繰り返しです。すぐに慣れます。

19時半ころに全ての荷物の仕分けが終わり、ドライバーに荷物を託した後はパレットの片づけをします。

その後は営業所内を掃除したり、事務作業を手伝ったりして過ごします。

この時間も毎回同じことを繰り返すだけで、イレギュラーなことはありません。簡単です。

時給は1000円前後

地域によって差はありますが、時給は1000円前後です。

特に高いわけでもなく低いわけでもありません。

しかし他のバイトと違って、勤務している間ずっと集中しているわけでもないのでお得感があります。

腰痛持ち、筋力に自信がない場合は注意

腰を悪くしていたり、筋力に自信がない場合はなるべく避けましょう

ゴルフバッグやボストンバッグ、大きい段ボールなどをたくさん持つので身体に大きな負担がかかります。

もちろん軽い荷物もありますが、重い荷物を運べないようでは仕分けのバイトとして働けません。

それでもクロネコヤマトで働きたいという場合は、事務作業をおすすめします。

営業所に持ち込まれた荷物を処理したり、電話対応をしたりという単純な作業です。

仕分けのバイトのデメリット

仕事場所によって当たり外れが激しい

ドライバーが良い人ばかりの職場だとかなり楽です。しっかりと教えてもらえますし、飲み物をおごってもらえたりします。

しかしドライバーの質が悪いところで働いてしまうと、仕事を教えてもらえない上に怒鳴られたりします。

不安な場合は一度営業所に直接荷物を持って行って、中の雰囲気を見てみることをおすすめします。

良くない営業所は事務室の雰囲気ですら悪いです。間違いありません。

どのバイトでも職場の雰囲気は働き始めてからでないとわかりませんが、クロネコヤマトの場合は事務室の雰囲気からなんとなく察することが可能です。

ひたすら肉体労働というわけでもない

がっつり肉体労働がしたい!という方もいると思いますが、その場合は夕方の勤務はおすすめできません。

半分肉体でもう半分は掃除や事務などの雑用です。

昼に働ける場合は大丈夫です。おすすめできます。

運送業界の裏が見えてしまう

運送業界の裏の部分が嫌でも見えてしまいます。

詳しくは書きませんが、自分の荷物がどう扱われているのかを知ることができました。かなりの衝撃です。

まあすぐに慣れますが。

どの業界もそうですが裏はいいものではありませんね。

仕分けバイトのまとめ

楽しいのでおすすめです。悩んでいる方は一度応募してみることをおすすめします。

きつい部分もありますが、その部分を含めて急成長をしている運送業界の裏を見ることができます。

大きな経験となるでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました